*

【小さな会社の成功の秘訣】自分の外付けハードディスクを作る

 

故障やトラブルなどいざという時にパソコンのデータを失わないように、また大量のデータを保存をしておくために外付けハードディスクを使っている人は多い。

僕もその一人。

 

これすごく便利なんだよね。

 

パソコン上のデータ量がオーバー気味になっても、すっかり丸ごとハードディスクに移せるので常にパソコンは重くならずに快適。

おまけにデータを整理できるから、必要な時に必要なデータを引っ張りだして来れる。

だから、仕事の効率もいいし、ミスも少ない。

 

まさに、「よい助っ人」って感じです。

 

 

でも、ある時「この原理って事業も同じだな」って思うことがあったんです。

 

自分が快適に仕事するには、「よい助っ人」が必要だなって。

 

 

人間、一人の許容範囲には限界がある。

いくら能力の高い人であっても、どれだけパソコンの機能が発展して便利になっても、物理的に限界はあるわけです。

 

だから、自分以外に業務を任せれるよい助っ人がいればやはりそれは事業の拡大に直結する。

 

どれだけ多くの業務を処理できるか、

どれだけ高いレベルの仕事を任せれるか、

どれだけ大きなキャパ(器)を持っているか・・・

 

よくマーケティングでは、『客数×リピート×客単価=売上』というように儲けを出すには左のそれぞれの項目を上げることが重要といわれますが、それが上がると同時に自分の外付けハードディスクも必要になってくるんだよね。

でないと、キャパオーバーして動きも頭も鈍くなるし、新しいデータ(情報、ノウハウ)も仕入れることができなくなってしまうから。

 

 

社内(社員)はもちろん、ブレーンでもいい。

会社でも自分をフォローしてくれる”性能のいいハードディスク”を持てるかどうか。

これってとっても大事なことだと思いますよ。

 

事業を拡張させる上での必須アイテム。

自分を大事にする上でも、多くのお客様を助ける(喜んでもらう)ためにも、是非とも取り入れたいものです。

 

FullSizeRender (019)

 

2015 12 13_HP 素材 01r

2015 12 13_HP 素材 0151

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか