僕がCDを購入するわけ

 

ここ数カ月は毎月AmazonでCDを購入。

大体、毎月3~4枚のペースで買っています。

 

そのほとんどは10代から20代初めに一度は購入して所有していたものばかり。

何かの機会に誰かに貸したっきりで返ってこなかったものから、もうすぐ廃版になりそうなものまで、ジャズからロックまでその時の気分に合ったものを気ままにチョイスして買ってます。

 

 

今はCDを買うというと、よく人から、

「レンタルすれば?」とか、

「ダビングすれば?」とか、

「ダウンロードすればいいじゃん」と言われるんですが、

 

そこは、僕は僕なりに変なこだわりがあって、

単なるモノ(CD)に対する所有欲ももちろんあるんですが、

 

やっぱり身を削って作り上げた作品に敬意を表したいのと、

商売人としてモノを売ってる人(ミュージシャン)に対して失礼だという気持ちが強いんですね。

 

 

 

そして何より、

 

 

『したことは返る』という宇宙の法則があるから・・・

 

 

 

自分の渾身の作品(会社や商品・サービス)を軽んじられたり、

安く扱われたくないですからね。

 

 

だから、自分がされたら嫌なことは人にはしない。

 

必ず返ってきますから。

 

 

まあ、実際は僕が買いたい種類のCDってレンタルしたくても、どこにも置いてなかったりしますからね(苦笑)

どのみち無理ですけど(笑)

 

 

ただ、

「便利だから」とか、

「安くなるから」とか、

「無駄だから」とか、

そういう安易で表面的な理由だけで、何でも軽く流されない方がいいと思うんです。

 

 

まあ、価値観は人それぞれですけど。

 

やっぱりいい年して、”重さ”のわからない人間にはなりたくないですからね。

 

 

ヘンコだと言われるかもしれませんが、モノの買い方にも商人道ってあるんじゃないかと思う今日この頃です。

 

FullSizeRender (01g9)

2015 12 13_HP 素材 01r

2015 12 13_HP 素材 0151

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業や団体、商工会議所等で販売に関するセミナー研修も展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket