*

誰でもできる奇跡の起こし方

 

さて、先月の終わりに大阪でニュースレターの講演を行ったとこのブログでも紹介しましたが、実はその時の参加者の一人が早速手書きのニュースレターを作って、先日僕のところにも送ってくれました。

 

セミナーで聞いたことを即実践してくれたってわけですね。

 

これ、簡単に書いてますけど・・・

意外に誰でもできそうでいて、できないことなんですよね。

 

 

実際、あのセミナーで吸収したことを即実践に移している人が何人いるか?

実は結構少ないんじゃないかと僕は思います。

 

だって、みんな忙しいですからね。

今の社会は情報の洪水ですし・・・;

セミナー終わって会場を出たとたん、新たな情報はどんどん入ってくる。

そうやって、ちょっと前の情報はあっという間にかき消されて、やることが山のようにたまっていく。

 

 

そんな中での今回の彼の行動はやっぱりすごいと思うんです。

 

そして、ここにすでに大きな差が生まれてる・・・

そんな気がします。

 

 

なぜなら、

ニュースレターを送ってきてくれた彼は、

時間を持て余していたからできたのか、

単にセミナー内容がよかったから即実践したのか、

はたまた、誰かに強要されたから作ったのか・・・

 

たぶんどれでもないと思うんです。

 

彼は個人事業主だから仕事は全部自分でやらなきゃいけないし、

セミナーアンケートでは全員が「よかった」「満足」「試してみたい」と書いていたし、

経営者は誰かに命令なんてされませんから。

 

 

賭けてみたんだと思います。

 

 

直観が働いて、その衝動で動いたとでもいうのか・・・

僕もそうでしたから。

 

 

9年前にビジネス書を読んでニュースレターをスタートさせたときがそうでした。

 

ただただ「この現状を何とかしたい!」

この気持ちが強かったから動いたんです。

 

 

時間もお金もなかったけど、

直観で感じたものを疑わずに信じて全力で行動する。

 

 

どれだけたくさんの良質な情報を仕入れようが、

理屈で売上を上げる方法を説こうが、

結局は最後はこういうベタなところがキモなんじゃないかと思うんですね。

 

これが奇跡を呼ぶんだと今でも思っています。

 

 

頭で考えるのをやめて、ワクワクする心の反応に任せて行動する時、それは初めて自分の身になるし、次の扉が開くと。

 

すぐに結果は出ないかもしれないけど、今回とりあえず成功への切符を手に取った彼に拍手したいなと思って今日はブログにしてみました。

僕も勇気をもらったのでまた頑張りたいと思います。

 

では。

 

IMG_6638 (002)

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか