営業が苦手でも大丈夫!高くてもあなたの商品が選ばれる営業方法 in 佐世保

続きまして、先週の10/3は長崎県佐世保市でセミナー。

長崎県文化観光国際部様の主催で県の6次産業の市場シェア拡張を狙いとした営業セミナーのゲスト講師として登壇させていただきました。

★◎DSC04914

さて、みなさんは営業についてどう考えていますか?

難しい?

嫌い?

苦手?

このセミナーを始める時にはいつも最初に簡単なリサーチを取るんですが、参加者のうちの8割の人は営業に対してだいたい上記のような感想を持っておられます。

まあ、僕も初めて営業職に就いた時はそうでした。

すごく難しく思うんですよね、営業って。

でも、今だからわかるんですが、それって錯覚なんですよね。

「誰がどうやっても難しいことをまともにやってしまっている」・・・

それに気付かない。(または考えない)

これが営業を難しくしている根源です。

★◎DSC04985

あなたは強引に売込まれるのが好きですか?

あなたはトーク(説明)が上手くても、感じの悪い人からモノを買いますか?

あなたは今日初めて来た人から勧められたものをすんなり買いますか?・・・

これには、ほとんどの人が「NO!」と答えるんじゃないでしょうか?

モノが売れるには必ず法則があります。

これにほぼ例外はありません。

それがわかればアプローチの仕方は全く変わってきます。

指導の仕方も変わります。

評価するところも変わります。

というか、変わらざるを得なくなるんです。

IMG_6586

僕は昔、広告代理店に勤務していた時、社内で営業成績がトップになりました。

でも、当時はただ無我夢中でがむしゃらにやっていたので、「なぜトップになれたのか?」それを論理的にうまく説明はできませんでした。

数十人の部下を持つ管理職だったにもかかわらずです。

そんな状態ではとても自分の右腕となる部下を育てることなんてできません。

だから、組織としてはうまく機能せず、苦しい展開を余儀なくされます。

実は、これがわかるようになったのは、今の事業で店頭販売をするようになってからなんですね。

店頭販売は初めての店舗で、初めての商品を扱い、初めて会うお客様を相手にモノを売ります。

それは、まさに即興の極みです。

だから、如実に自分のやっていることが即結果として反映されます。

営業と店頭販売を経験し、そしてマーケティングを学んで、常にお客様を前に販促物を作成してきたことで、今ようやくこれらが上手く説明できる立場になれたかなと思っています。

IMG_6587

IMG_6588

前回の2月に続き、2度目の長崎講演でしたが、今回の参加者の方々もとても熱心。

セミナー後の質問もとても的を得たものでしたので今後が楽しみ。

是非気付いたことから実践していってもらえたらなと思います。

DSC04796

営業の世界に限らず、誰にもできないようなことは、ほんの一部の超一流の人にしかできないことです。

そんなこと意味も分からず真似しても何も身に付きません。

それより、自分に合った無理のない方法を身に着け、確実に成績を上げていく。

その方がやる気も起きますし、持続することができます。

焦らなくても大丈夫!

営業は微差が大差になりますからね。

このセミナーで一人でも多くの人がモノを売ることの面白さに気付いてくれたら・・・

そんな思いを込めて今回もお話しさせていただきました。

佐世保の皆様、ありがとうございました!

また来ますね。

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket