*

【売れるニュースレター作成のコツ⑦】「個」が出ているか?

 

前回書いた記事に、『ニュースレターは手紙の要素が強い』ということを書きました。

 

 

そこで重要になってくるのが、

「個」が出ているかということです。

 

現在、あなたのところにもいろんな会社やお店からDMや会報誌は来ると思いますが、まずそのほとんどが「企業」からのものではないでしょうか?

 

その上、そういったものは読まずにゴミ箱へ行くことになっていませんか?

 

 

一目見て明らかに「企業」から来ている郵送物は

ほとんどが何かの売り込みです。

 

その上、冷たく知人からもらった手紙のようには温度を感じません。

 

 

通常、特定の個人から来ているものでない郵送物に思い入れはありません。

だから、いくら「企業」から売込みなしの情報誌や手紙がきても、受け手はそれを読むことなく処理することに罪悪感を感じることはないんです。

 

FullSizeRender (019)

 

 

ということで、ニュースレター成功条件は、

特定の個人から出すというのが原則です。

 

個人事業主はもちろんその本人、

複数名従業員のいる中小零細企業では決まった担当者が、

また大手企業であっても部署や営業所ごとに担当者を決めて、

その人が相手に役立つ情報を利害関係抜きにして書いていく。

 

そうすると、受け手にとってそれが親切な役立つ情報の場合、読んでもらえる確率は断然アップします。

 

その上、書き方に人間味を出したり、

公私混同して面白おかしく表現できるようになると、

書き手も思いが入るので、

どんどん双方の距離感が縮まり、知らぬ間に両者の間に関係性が築かれていきます。

 

これがファンになる始まりです。

 

そして、読み手は徐々に個人を通して”その人がいる企業(お店)”が好きになるんですね。

 

人は人とは関係性を結べますが、企業とは関係性は結べません。

 

お客さんはお店のファンになるのではく、

その人がいるお店のファン”になるということです。

 

ですから、企業からニュースレターを発行する場合も、

誰かその担当を決めその人が会社の広告塔になって発行することをおススメします。

 

FullSizeRender (01A)

 

 

ちなみにこれは企業でSNSを活用する時も同様ですよ。

(SNSをビジネスで成功させるのもポイントの一つは「個」の発信です)

 

 

ということで、今回は「個」を出すということでした。

あなたのところはバッチリ「個」が出てますか?

まだのようなら是非実践してみてくださいね。

 

では。

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

 

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
腹八分目とはよくいったものだ

  物事に全力で取り組む・・・ 世間ではこれはとてもいい

日常に隠れた世界を探しに行こう

  何でも人間は五感を使って1秒間に20億個の情報を仕入れ

向かい合っている場所で緊張しない人はいない

  販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。 面接

真似るより借りる方がいい

  ほとんどの人は教育の過程で、「他人のいいところは真似す

【店頭販売セミナー】ヤクルト東海支部 実践「伝わる」販売研修

  株式会社ヤクルト本社中日本支店の2017年度第一次研修