*

【売れるニュースレターのコツ⑥】読み手の心理を把握できているか?

 

いざ販促物を作るとなるとどんなものでもそうなんですが、陥りやすいパターンに

『自分が書きたいことだけ書いている』というのがあります。

 

完全に独りよがりになっていて、読み手のことはどこかに置いてけぼりになっていたりするんですね。

 

たとえば、自分は「絶対にこれは面白い!」と思っていても、それは書き手の趣味嗜好での判断であって、実際読み手にウケる(共感を得れる)かどうかはわからない。

そういうセンスは”販促のプロ”とか”デザインのプロ”という看板を上げている人であっても、結構難易度の高いことなんです。(特に自分のことは・・・)

 

 

これを解消するには、

冷静に第三者的立場に立ちながら、

どれだけ実践回数を増やすことができるか

しか方法はありません。

 

 

長く定期発行していくと、今読み手は

 

どういう感情を持っているか?

こちらのことをどう思っているか?

次に何を伝えたらいいか?

 

わかるようになってきます。

 

 

こうなれば、しめたもの。

 

常に的を得た情報を提供できますし、

常に囲まれていたいお客様を選別できるし、

その人たちに「こういう行動を取ってほしい」という方向へも誘導できます。

 

 

つまり、読み手の先に立てるということです。

これによって、

お客様を追いかける立場からお客様から追われる立場に変わります。

 

6de21706275be536a51684fe14e89eee

 

 

最高ですよね(笑)

 

でも、ニュースレターで爆発的に効果を上げているところはほぼ皆さんこれができています。

 

ホームページやブログでも

どれだけアクセスがあるか?

コンバージョン率は何パーセントか?

人気の検索キーワードは?

といったことがわかると、どんどん良い方向に変えていけますよね?

 

そういった意味でも、前記事で書いたアンケートなどを同封して『一方通行にしない』ということはとても大事なことなんですね。

前記事 → 【口コミが起こるニュースレターのコツ⑤】『一方通行にしない』

 

ということで、ニュースレターもただ書きたいことを書くのではなく、読み手の心理を把握して書いているかどうか・・・

これも重要なポイントなので確認してみてくださいね。

 

では。

 

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
向かい合っている場所で緊張しない人はいない

  販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。 面接

真似るより借りる方がいい

  ほとんどの人は教育の過程で、「他人のいいところは真似す

【店頭販売セミナー】ヤクルト東海支部 実践「伝わる」販売研修

  株式会社ヤクルト本社中日本支店の2017年度第一次研修

仕事で人目を気にするのは・・・

  店頭に出て販売を始めた頃は正直まだ恥ずかしいという気持

【接客販売研修】実践「伝わる」販売研修 in ヤクルト関西支部

  先日の北陸支部に続いて今回は関西支部の研修。 さすが