*

【販促(ニュースレター)成功の秘訣②】不定期発行になっていないか?

 

販促レター(ニュースレター)は基本的に『同じ対象者宛に定期的に発行する』という特徴を持っています。

これはDMとかとの大きな違いですね。

ニュースレターの効果

 

 

月ごとや季節ごとに継続して発行することで、徐々に情報を蓄積し、興味を持ってもらい、忘れられない存在になる・・・

 

いわゆる

顧客や見込み客とよい関係性を構築して、強烈なファンになってもらうためのツールです。

 

そのためにも絶対に欠かせないのが

定期性と継続性

 

NL

 

 

特に定期性は大事な要素で、

たとえ継続的であっても、発行期間があまりに不規則だと効果は出ません。

 

あえて言わせてもらえば、やり始めの数年(2年)は特に絶対に重要。

送り先の顧客に絶対の認知と信頼を築く上でも定期的に発行することをおススメします。

 

 

セミナーなどでよくある質問に、

「どれくらいのスパン(期間)で発行すればいいですか?」というのがありますが、

 

基本的には、

①毎月発行

②2カ月に一度の発行

③3ヵ月に一度の発行(季刊号)

のどれかでしょうね。

 

接触頻度が上がるという点でも、①の毎月発行がベストですが、

僕は顧客のリピート間隔に合わせるというのも一つの指針としています。

 

2ヵ月間隔くらいでリピートする顧客が多い美容室なら2カ月に一度の発行、

3ヵ月間隔でリピートする顧客が多い広告会社なら3ヵ月に一度の発行、

という具合にすると、ニーズとタイミングが合うのでインパクトも大きいですからね。

 

 

ただ、経験上3ヵ月以上間隔が空いてしまうのはNG。

まず、ほとんど効果がないのでここは注意してくださいね。

 

いざ発行するとなったら、『書くネタが決まらない;』・・・

そんな時のためにも事前に1年分のネタを考えておくのも一つの手かもしれませんよ(笑)

 

 

ということで、今回はニュースレターの強力な特徴でもある定期性について書いてみました。

是非、この特徴を踏まえた上で、あなた独自の強烈なニュースレターを発行してみてください。

 

では。

 

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
腹八分目とはよくいったものだ

  物事に全力で取り組む・・・ 世間ではこれはとてもいい

日常に隠れた世界を探しに行こう

  何でも人間は五感を使って1秒間に20億個の情報を仕入れ

向かい合っている場所で緊張しない人はいない

  販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。 面接

真似るより借りる方がいい

  ほとんどの人は教育の過程で、「他人のいいところは真似す

【店頭販売セミナー】ヤクルト東海支部 実践「伝わる」販売研修

  株式会社ヤクルト本社中日本支店の2017年度第一次研修