*

不要なものは捨てていけ!

 

先月の末あたりから、立て続けにモノが壊れる事態が続いている;

 

車のタイヤのパンクからはじまり、

自分のスマホと子供のスマホが同時に画面部が膨張して使用不可能となり、

挙句の果てには、今日パソコンが原因不明のトラブルで動かなくなった。

 

(おいおい、マジかよ;)

 

さすがにここまで重なると結構な出費になるので、せめてパソコンくらいは治らないかと今日は昼から丸1日格闘。

必死にあれこれ調べながら触っていたら、夜になって奇跡的に復旧できました!!

 

(ヨッシャ!)

 

どうやらパソコン内のデータが多すぎたのが原因のよう。

普段から結構マメに外付けのディスクに保存していたつもりなんだけどね。

動画の編集が曲者だったみたい。

格闘中、画面が表示された一瞬のスキにデータを移行したり、消去したりして、すべてを空っぽの状態にして、そこから初期化したら一気にサクサク動くようになりました。

 

 

しかし、パソコンも人間と同じやね。

いらん情報ばっかり詰め込むと固まって動かれへん;

 

 

不安症な人(真面目な人)ほど『足りない病』に犯されていて、

「自分は不十分だ」っていう思いから、

”勉強”という名目で、「あれもいる、これもいる」って片っ端からいろんな情報を収集してくる。

 

 

僕も今考えたら別に学ぶ必要のないものまで勉強していたなぁと思うものが結構ある。

それも結構お金も時間もかけてたりするから始末が悪い;

 

まあ、人生全く意味のないことや遠回りも必要だったりするんだけど、

ヘタすると結構弊害になってたりするんだな、これが。

 

中途半端に頑張って手に入れると捨てきれない。

余計な知識があると失敗を恐れて動けない。

スケベ心があるとそのせいで大事なものを見失う。

 

そして何よりブレまくるんだよね。

 

 

やっぱり、人間身軽でなきゃ。

賢過ぎるとロクなことがない。

いらないものはさっさと捨てて、専門家に任せるに限る。

回り道をし過ぎるとゴールまで人の何倍も歩かないとたどり着けないからね。

 

 

ゴールへの軌道

 

 

前に進むには、この捨てる勇気も必要なんだな。

 

と、元の通り元気になったパソコンを触りながら、夜な夜なそんなことを考えていた次第です。

 

まあ、日常のメッセージには逆らわないことが一番。

せっかく、パソコンが身をもって教えてくれたことだし、

新年度が始まるこのタイミング・・・しっかり心にとめておきたいと思います。

 

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
店頭リサーチの重要性◎独自の販売方法を構築するために必要なこと

  弊社(有限会社リボン)では、店頭販売の請負業務以外にも

利益を運んできてくれるものかどうか客観視する

  2年前に患ったリューマチの状態もかなり良くなってきて、

接客話法注意点◎会話をかぶせない

  悪いクセって身についてしまうと中々治せない; それに

業績の上がる企業が持つ販売思考◎対応ではなく創造

  先日、「接客販売における身だしなみはお客様のためにでは

売れる芸人の恐るべきマーケティング

  先日読んだ本で強烈にインパクトがあったのが、これ。