*

大きな声で呼び込みができない人への対処法【売れる店頭販売の秘訣】

 

よく新人の販売員さんなどにありがちなことですが・・・、

(量販店の)売場や店頭に立って、イベントや商品プロモーションをする際、大きな声で呼び込みができないと悩んでいる方がおられます。

 

まあ、慣れなかったり、照れがあったりするんでしょう。

 

ただ、

売場にいてボソボソっとした発声をしていたり、ボォーっと突っ立っていると

その方が傍から見るとカッコ悪いものです。

 

実際にビデオか何かで撮って見て見てください。

あまりにカッコ悪いので二度と見たくなくなると思います(笑)

 

 

話を元に戻しますが、大きな声で呼び込みができないという人は、

 

  1. カッコ悪いと思っている
  2. (文章として)上手く言わないといけないと思っている
  3. 勇気が出ない

 

という理由がほとんどではないでしょうか?

 

でも、そういう人も無理なく簡単にできるようになる方法があるんです(笑)

今日はそれを書いてみたいと思います。

 

プロの役者でもリハーサルは必要

 

まず、上記理由の1は、単にその人の認識違いなので、呼び込みが上手くできている人とボソボソっとしている人のどちらがカッコいいかビデオか何かで撮って見比べてみるといいと思います。

 

華々しくたくさんの商品が立ち並んで、照明や音声でにぎわいを演出している量販店などでボソボソっとしていたり、ボォーっと突っ立っているとその人だけ生気のない異物のように映ります。

その人の周りは空気も重たく淀んで、幽霊みたいに見える。

だから、お客様も寄り付かない。

当然、その人の評価も売り上げも低下します。

 

どうしてもそういうのが好きだっていう人は、静かで取り扱っているモノも極絞り込んだ専門店や超高額の商品を扱うお店の方がまだ向いています。

専門知識と上質な接客マナーを学んでそちらで勝負すべきでしょう。

 

ただ、そうでない人は「郷に入れば郷に従え」というようにその環境で光るようになる方がたくさんの人から愛を受けれるし、やりがいや本当の仕事の面白さに気付くと思うので、ぜひ頑張ってモノにしてほしいなと思います。

 

 

では、どうすればできるようになるのか?ですが・・・

 

上記理由2.3の人も含めて、

『空打ち』をすることをおススメします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

空打ちとは、実演販売の専門用語で、

お客様がいない無人状態の時に一人で練習的に声を出して呼び込みをすることです。

 

 

「いらっしゃいませ!本日、○○が大変お買い得になっております!」といった簡単な言葉でも、いざ初めて呼び込みをする時は緊張してできなかったりするもの。

まるで初めて舞台にでる役者みたいに緊張していたりする(苦笑)

 

そういう人はお客様のいないステージで一人で練習するのが一番。

(これ、家じゃダメなんです。練習もステージ(売場)でないと上手くなりません。)

 

最初は小さな声でOK。 口を慣らすことに集中。

そしてだんだんボリュームを上げて。

 

  • どれくらいの声の大きさならいいか?
  • 声質は? 話す速度は?
  • どれくらい先まで声が届きそうか?
  • BGMや雑音にかき消されていないか?
  • 突っ立って声を出すのでなく、何をしながら呼び込みする方がお客様から見て自然に写るか?

 

・・・そんなチェックをしながら。

(失敗しても大丈夫。心配しなくていいです。自分が考えているほど現実は誰も見ていませんから 笑)

 

すると、気がついたら自然にお客様が来ても問題なく、お店にフィットした呼び込みができるようになります。

 

 

プロの役者さんでも本番前には入念なリハーサルをします。

短い簡単なセリフですら、どういえば感情がこもってお客様に伝わるか真剣にチェックするんです。

 

売場をステージにしている私たちもそれは同じ。

いかに実践に近い形で練習を重ねるか?

そうすれば自分に足りないものが見えてきます。

(これは万事、物事を上達させるコツでしょうね。)

 

 

役者さんも販売員もどちらステージに出てお金をもらっているという点では同じです。

そのステージでどんなパフォーマンスができるか?

それで評価も収入も違ってきます。

 

『郷に入れば郷に従え』

是非、役者さんになったつもりで楽しみながら習得していってください。

 

2015 12 13_HP 素材 0151

2015 12 13_HP 素材 01r

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
元ミュージシャン。2004年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしてもバンドにしても、面白カッコいいスタイルで、根強いファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業や商工会議所で販売に関するセミナー講演も展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
大阪ギフトショー『お客様の方から「欲しい」と言ってくるPOP作成術』

  先日は株式会社ビジネスガイド社様が主催する大阪ギフ

実践ロープレ「伝わる」販売研修 

  先日は株式会社ヤクルト本社中日本支店様主催の販売研

みなさんのおかげです

  一か月後に新宿でセミナーをやることが決まったのがほ

WBCに見るキャリアアップの難しさ

  明日からワールド・ベースボール・クラッシック(WB

千の法則

  私は現在、仕事の依頼はネット経由でホームページから