*

表現したいものに対してためらわない姿勢が感動を呼ぶ【デビッド・ボウイに学ぶ】

 

今日はオフをもらったので、前から観たかった映画『オデッセイ』を鑑賞。

予想にたがわず、いい映画でしたね~。

いや~、感動しました^^

 

個人的には途中のシーンでデビッド・ボウイの『スターマン』が挿入歌として使われていたことも凄く感慨深かったです。

実は、この映画の上映中2016.1/10に肝臓がんで亡くなったんですね。ボウイは。

 

デビッド・ボウイ・・・20世紀で最も影響力を持つアーティストとも言われた彼は音楽界だけにとどまらず、いろんな業界の人に影響を与えました。

 

d_01

 

ボウイは本当に私の人生を変えたの。15歳の時、初めて見たロックコンサートがボウイだった。それは私の人生の大事件だったわ。そこには天邪鬼で美しい、両性具有の男がいた…型破りで反抗的で…とにかく私はぶっ飛ばされたの。--マドンナ

 

ある記者からの質問(あなたの考える天国とは? ) ニューヨークでのボウイのショー(04年5月)はそれに近かったよ。 --ブラッド・ピット

 

画家アントニオ・ロペスが、日本のニッカポッカを描いた絵に触発されて、それをわたし風に直したのが、あのジャンプスーツ。ボウイが着用している衣装が、まさか土木作業員の服が出発点になっているとは誰も知らないんですよ(笑)。--山本寛斎

 

ホントにたくさんの人が影響を受けています。

それほどのめり込むほどボウイのファンというわけではなかった僕でさえも、彼の活動にはたくさんの感動をもらっています。

 

それは音楽的にというよりも、むしろ考え方や生き方の方で・・・。

 

「何をしても文句をつけられる。大がかりにやっても、細々とやってもね。いずれにせよ非難されるんだから、どうやろうと関係ない。自分が何をしたいのかを見極めて、それを実行するのみだ。それしかないよ。」

 

「たとえ楽器の演奏や作詞の技術的な部分は凡庸だとしても、伝えるべき重要なアイディアを持っていること、それが最も大切なことなんだ。それさえ持ってれば、曲は自ずとそのアイディアの周囲に生まれてくるものだよ。」

 

「人間の最大の欠点は、知識ではなく確実性を求めるということなんだ。だけど、確実なものを求めるなんて、犬が自分の尻尾を追いかけてるようなもので、到達不可能なんだよ。」ーーデビッド・ボウイ

 

WPCR-16706

 

生前のボウイはこういった言葉どおりの生き方。

 

普通、名声を得たミュージシャンって、その時点までに確立した自己のスタイルを貫こうとし、ファンもまたそれを望んでいるもの。

でも、ボウイは自分の感性に正直で、スタイルを変化させることによってファンを失う危険をものともしない。

それまでと違う様々なジャンルにわたり大胆な音楽性の変化を繰り返しチャレンジしつづけた。

そして、それぞれのジャンルにおいてきっちりエポックメイキングな作品をリリースしている。

 

この姿勢がすごいなと思うんです。

 

 

”表現したいものに対してためらわない”

”失敗を恐れて後悔するくらいなら俺はやる”

この姿勢が感動を呼ぶんですね。

 

 

考えてみれば、人間の一生なんて、たかだか70年くらい。

仕事でも、恋愛でも、自分が「これだっ!」っていうものに出会った時にいちいちためらっていたらあっという間に時は過ぎていく。

誰でも健康で思いっきりやりたいことがやれる期間なんて、せいぜい数十年しかないんだ。

だから、人目や体裁なんて気にしている場合じゃない。

そんなことしてたら幸せになることを放棄しているようなもんだからね。

 

 

ふと、思いがけないところでボウイの曲に触れたことで今日はあらためて強くそれを感じました。

 

 

しかし、最後までいい仕事してるよなぁ。

『スターマン』のおかげであのシーンは凄く活きてたもん。

 

 

亡くなる二日前の写真だってこれだもんな(笑)

カッコよすぎるよね。

 

davidbowie_1

 

俺も自分が納得できる生き方して、こういうイカれたカッコいいファンキーなおじさん目指そうと思います。

ありがとうね、ボウイ。

 

2015 12 13_HP 素材 081

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか