*

買い手に抵抗感をなくさせる努力【繁盛店の極意】

 

今日は一日オフ。

何をしようかと前日から考えていたんですが、

ちょうど新しく新調したスーツに合うカッターシャツと古くなったスーツケースの代わりが欲しいと思っていたので、

「たまには買い物でも」と、ぶらり百貨店まで足を運んできました。

 

実は、店舗でモノを売る立場の人って、こういう機会ってすごく貴重なんですよね~。

だって、自分が買い手に立つとお客様心理がよくわかるから

 

ホント、リアルに生々しくわかる。

怖いくらい(笑)

 

まさに、この日もたくさんのお店でいろんなことを感じることができました。

 

 

ということで・・・

まずは、カッターシャツの物色体験から感じたことを。

 

カッターシャツの購入に関しては行きつけの店があるので、今日もそこに直行。

 

店員さんと和やかに話ながらおススメの商品なんかを紹介してもらったりして、

ほんの数十分ですんなりシャツを2枚購入。

気持ちよく見送られお店を後に・・・

 

 

20150417213530

 

 

 

ん~、やっぱり2回以上モノを購入したことのあるお店は強い

まず買い手に抵抗がない。

 

  1. 店内に入るのに抵抗がない。
  2. 店員さんと話すのに抵抗がない。
  3. おおよその価格帯もわかっているので商品を勧められても恐怖感がない。

 

 

お店としては、こういうお客が多いとホント助かる。

お客様にしても、

安全地帯でもあるし、

喜びの場でもあるわけだから、

他の店より遠くても、高くても、やっぱりそこに行きたくなる。

 

 

もうだから、店舗で成功したいなら、この状態をいかに作るかに全力を上げるべきなんだよね。

 

新規のお客様も大事だけど、

顧客を徹底的に大事にする。

これ!

 

 

そうすることでファンができて、リピートも客単価も増え、口コミで評判になるんだ。

だから、繁盛店になるためには顧客をフォローして徹底的に関係性築くことは必須条件なんだよね。

 

 

うーん、のっけからいい勉強になりました(笑)

 

普段、何気なく足を運んでいるお店でも、

「なぜこのお店に俺は来るんだろう?」って考えるだけでも成功のヒントはたくさん見つかるもんなんだよね。

 

 

ということで、次の店舗で感じたことは、

また後日書いてみたいと思います。

 

売上アップのヒント満載ですよ~。

よかったら読んでみてくださいね。

 

2015 12 13_HP 素材 081

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
同じようにしか聞こえないのは○○が止まっている

  先日、新たにビートルズの「ホワイトアルバム」を購入。

自分自身にOKを出してやる

  「まだまだ足りない」 「このままじゃだめだ」 「あ

時に台風にも感謝

  台風が接近して気圧が乱れてることで今日は体の調子がイマ

デタラメな創業当初の話 その4 人生を変えるのは偶然の産物

  今日もここんところ立て続けに書いている創業当初の話を。

デタラメな創業当初の話 その3 地に足がついたものしか残らない

  少し前に書いた創業当初の話が好評(笑) 面白がってく