*

【店頭販売で売上を上げる秘訣③】実店舗がネットショップに負けない為の最強の武器

 

店頭販売で売上を上げるには、まず店頭という場の性質を知ること・・・

ということで、今日も『店頭が持つ偉大な力』についてまた一つ解説していこうと思います。

 

関連記事

店頭という場が持つチャンスの大きさを知る

固定概念を打ち破ることが購入決断を即す

 

 

たくさんある”店頭の力”の中でも強力なもののひとつに、『お客様へのフォロー』があります。

 

”直接相手と対峙して、顔を見ながらフォローする”というこの一見地味で非効率な行為。

実はこれにはすごい力が隠されています。

 

特に、時代が加速的にネット化していく中で、「これは年々重要度が上がっていくな」と感じずにはおれません。

 

情報過多、

お客様サービスのメール化、

同品種の氾濫・・・

 

これらが進めば進むほど、

”直接消費者と対峙して、顔を見ながらフォローする”というこの店頭での行為が企業の利益に大きな差を生み出す。

 

ハッキリ言って、実は今後は販売以上にこの部分が企業の繁栄に大きく影響してくるんじゃないかと思ってます。

 

 

人は売込まれたくはないが、プロから情報を得たい

 

 

人は誰でも売込まれるのを嫌います。

 

ネットで素早く手軽に情報を得やすくなった現在、年々この傾向は強くなってくると考えられます。

もうわざわざお店に行かなくても、何時でも、どこでもネットで何でも買える。

店員からの売り込みの恐怖におびえなくても、気楽にネットで情報収集できるわけです。

 

おそらくここ数年で営業や販売といった仕事は、時代の変化から仕事の在り方やスタンスも大きく変わっていくでしょう。

変わらないところは消えていく・・・それくらい大きな変化の流れが今きているんです。

 

 

また、一方では企業は利便性や効率化を図るために、何でもかんでもネット化に進んでいっています。

 

お客様サービスの受付も、ほとんどがメールでのやり取り。

電話での対応ができる企業は一部で、

その企業も問い合わせ先がホームページのわかりにくいところに記載されていたり、

何回電話してもつながらない状態だったり・・・

 

メールでの問い合わせにしても、説明がしずらかったり、わずらわしいといった難点があります。

相手からわかりづらい返答が返ってきた時などは何度もメールしていると多大なストレスがかかる;

 

企業側は人件費や経費の削減ができ、簡潔で便利になりますが、消費者はとても満足できない。

対応の悪い会社などは「ネット化」を『逃げ』や『詐欺行為』と受け取られかねません。

 

 

他にも、一部のネットビジネスでは、いまだに『あおり』や『誇大表現』が後を絶たないため、

一般の人では本物の情報をかぎ分けるのが難しくなっています。

そのため、偽情報に振り回されたり、被害に合う方も少なくない。

それも、結構高額な被害だったりする;

 

そして、こういったものは実体がない会社や責任回避できるような巧妙な表現だったりするので、消費者は泣き寝入りするしかなかったりします。

 

 

これらを統合すると、見えてくるもの・・・

それは、

『人は売込まれたくはないが、専門家からの確かな情報は得たい』ということです。

 

 

その証拠に、Apple直営のIhone shopなどは常に人でいっぱい。

祝日などは長蛇の列で朝から殺到しています。

 

 

ここで、直接顔を見てフォローする店員さんが最高に感じのいい対応ができると、

その企業イメージは格段に上がります。

 

もう、それだけで完全にその他の集団から抜け出し、消費者から贔屓を受けることになる。

しかも、そういった口コミは恐ろしいほど早い。

 

こういったことは他社ができていなければいないだけ、その後の展開が段違いに有利になります。

 

だから、今後店舗を持った商売では、こういった接客マナーは必須の習得科目で、最大の課題になると思いますよ。

 

 

実店舗がネットショップに勝つ方法は、実は足元にたくさん転がっている・・・

 

よく「ネットショップに客を持っていかれて・・・」と嘆いている人がいますが、

そういう人は今一度、「店頭の持つ力」を再認識してみてほしいなと思います。

 

店頭の力を理解し、フル活用できれば、ネットビジネスも怖くない・・・

僕はこれからも、そんな会社がたくさん出てくると信じています。

 

DSC03749 - コピー

 

 

2015 12 13_HP 素材 081

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
腹八分目とはよくいったものだ

  物事に全力で取り組む・・・ 世間ではこれはとてもいい

日常に隠れた世界を探しに行こう

  何でも人間は五感を使って1秒間に20億個の情報を仕入れ

向かい合っている場所で緊張しない人はいない

  販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。 面接

真似るより借りる方がいい

  ほとんどの人は教育の過程で、「他人のいいところは真似す

【店頭販売セミナー】ヤクルト東海支部 実践「伝わる」販売研修

  株式会社ヤクルト本社中日本支店の2017年度第一次研修