自分にとっての真実こそが宝物 【起業家の心得】

人の意見は鵜呑みにはできない・・・

あまり真に受けていると真実の眼鏡が曇ってくる。

実は、先日から経費削減のためウチの会社でもウィルコムの携帯を持つようになったんだ。

でも実際持つまでは、正直ちょっと不安だったんだよね。

何しろウィルコムは安いけど電波のつながりが悪いっていう話も聞いてたから・・・。

果たしてホントにどこまで使えるのかなって。

でも、実際持ってみると・・・

全く問題なし!!

というか、これで通話やメールが思いっきりできて、月々1500円なら超お得だわ!って。

今更だけど、何でみんなこれ持たないの?って言いたいくらい。

(今、私に会ったら100%ウィルコム薦められます 笑)

情報過多の中では自分の価値観を大切に

初めてトライすることやあまり詳しくないモノを買うのに、いろんな人の意見を参考にするのはいいことだけど、最終的に自分にとっての真実ってひとつなんだよね。

そして、それは他人のそれとは交わらないこともある。

だって、みんな利用用途も違えば、生まれ育った環境も感性も違うんだから当たり前でしょ?

だから、人の話はあくまで参考程度に冷静に聞く。

その場の感情や評価に流されずに、自分自身のニーズに冷静に照らし合わせてみる。

そして、まずは自ら体感してみる。

そこで、もしピタッとくるものが見つかった場合・・・

それって自分だけの「宝」になるんだよね。

そういうのが最高にいい買い物になるんだ。

まあ、こういう自分が買い手になった時の感情も整理してると、売り手に回った時に役立つから便利だよ。

毎日体験している日常の中にも、売上げを上げるヒントっていっぱいあるからね。

本当にお客様のアドバイザー的存在になるなら、モノの買い方も上手に伝えていくのも売り手の仕事だと思うんだよね。

__ (2237)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket