*

【接客販売スタッフ育成講座】指導者編:新人スタッフへの対応

 

私は、新人スタッフが初めて売場にデビューする際、そのスタッフさんに対して決まってすることがあります。

 

それは、

「売場を楽しんできてね~」という声かけです。

 

どんな人であろうと、初めての売場勤務や初めての商品を販売する際にはある程度緊張するもの。

接客経験がある者でも初物ならば多少なりとも緊張感はある。

ましてや全くの未経験者だとよほど度胸が据わっていない限り緊張するのは当たり前です。

 

そこで、まずは「売場を楽しむ」ということに意識を持って行ってもらって、それに専念してもらうようにしているんですね。

 

最初にする声かけには3つの理由がある

 

何気ないことのように思えるんですが、実はこれには3つ理由があります。

 

ひとつは、モチベーションの低下や離職率を下げるためです。

 

新人さんはただでさえ緊張している上に、接客販売に対してまだ要領のわからない人もいます。

そんな段階で固くなっている時に、変なお客様やトラブルに合うと一気にテンションが下がってしまう。

そして、それがトラウマになったり、早々と『私、向いてないわ』と決めつける原因になったりします。

 

せっかくの才能も花開かないうちに摘んでしまいかねないんですね。

これは管理する側の責任にもなるので注意が必要です。

 

次に、コミュニケーションの楽しさを覚えてもらうといった理由があります。

 

接客販売は、紐解いていくと結局はコミュニケーション術なんですね。

もっと、ひらたくいうと人と会話するってことです。

 

そう。 接客販売って人と話すことなんです。

 

販売が上手くいく時って、そこにはお客様とのいいコミュニケーションがあったり、楽しい会話があったりします。

だから、まずは『売ろう』とか考えずに、とにかくお客様とのコミュニケーションや会話を楽しんでもらう。

まずは、この感覚を身に着けてもらうんですね。

 

お客様と友達になるくらいの感覚・・・そこまで行くと自然にスキルは向上していきます。

 

3つ目の理由は、いいコミュニケーション、いい会話は自然な販売への糸口に導いてくれるという理由です。

 

接客していて、お客様といいコミュニケーションが取れたり、楽しく会話できていると、自然と商品やサービスの話になります。

お客様の方からどんどん聞いてくるんですね。

これは、「あなたからなら聞いてもいいよ(買ってもいいよ)」というサインです。

 

いいコミュニケーションが取れた時、自然と販売への扉は開かれます。

 

お客様は誰から買うか、

誰から話が聞きたいか、

相手を選んでもいるんですね。

 

 

ということで、以上の3つの理由から私は新人さんに「売場を楽しんでね~」という声かけをいつもしています。

 

 

何事も最初のスタートは肝心ですが、それは接客販売においても同じ。

 

何を見て、

何を感じ、

どういう気持ちになったか?

 

それ次第でスタッフの育ち方は違います。

 

強くて楽しい職場にするためにも、いい種をまいて、いい芽をたくさんだせるようにしたいですね。

 

 

DSC00706 - コピー

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
店頭リサーチの重要性◎独自の販売方法を構築するために必要なこと

  弊社(有限会社リボン)では、店頭販売の請負業務以外にも

利益を運んできてくれるものかどうか客観視する

  2年前に患ったリューマチの状態もかなり良くなってきて、

接客話法注意点◎会話をかぶせない

  悪いクセって身についてしまうと中々治せない; それに

業績の上がる企業が持つ販売思考◎対応ではなく創造

  先日、「接客販売における身だしなみはお客様のためにでは

売れる芸人の恐るべきマーケティング

  先日読んだ本で強烈にインパクトがあったのが、これ。