エスカレーターまでの一歩【幸せの見つけ方】

水前寺清子の「365歩のマーチ」って曲は、私以上の年の人はみんな知ってる。

そして、その歌詞の冒頭部分は超有名。

”幸せは歩いてこない。だ~から、歩いていくんだね~。一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がる~♪”

この歌詞・・・

もう、核心をついていると思う。

物事にチャレンジしたり、一生懸命努力することは大事だけど、この歌詞のように大概のことは焦って無理をしても結局は戻ってくるようになってるんだよね。

人間、時に前に進むためには、何かをあきらめたり、捨てたりしなきゃいけないこともある。

あせってダッシュしたとしても転んでけがをしたりする。

だから、とにかく無理せず一歩。

小さな一歩でいい。

それを続けていると、ある日同じ一歩でも歩幅が大きくなっているのに気づく。

そして、そのうち気づいたら、自力で進まなくてもいいエスカレーターに乗っていたりするんだ。

でも、エスカレーターまでは自力で一歩一歩進んだ者しかたどり着けない。

だから、何はともあれその日の自分のベストの一歩を踏みだす。

これを繰り返すことが大事なんだよね。

とまあ、偉そうに言っている僕も今日は3歩進もうとして2歩下がった(苦笑)

まだまだ、悪い癖は治らない。

でも、いつかのエスカレーターに向けてまた一歩前進したのは事実。

バカボンのパパよろしく「これでいいのだ!」と言って、自分で自分をほめてやらなくちゃね。

IMG_2087

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket