*

【オンリーワン企業】一鍼堂 ワクワクさせる行きたくなる医院

 

普通、人は必要にせまられないと「病院に行きたい」とは思わない。

いや、必要に迫られても「行きたい」ではなく、「行かねばならないから行く」といったものだと思う。

 

実は最近、年始に患ったリューマチのおかげで楽器もロクに弾けない状態が続いていたんで、何とか年内に治したいと思い、夜な夜なネットでいい病院がないか探していたんです。

そうしたら、先日大阪にある東洋医学のとある医院を発見。

ホームページを読んでいて、「これは!」と自分のセンサーが反応したんで早速行ってみました(笑)

 

『一鍼堂(いっしんどう)』というその医院は、<こだわり特化型>の経営スタイルを実践しておられて、

鍼だけであらゆる病を治そうと情熱を燃やす院長を中心に、全国からそのポリシーに共感した施術家たちが集まっているところなんですね。

 

もう、こういうスタイルのとこ、たまらなく好きなんです。 僕(笑)

 

治療は完全予約制でしか受けていないし、実際訪問してみてもわかりにくい看板がひとつあるだけで他に看板らしい看板もない。

入口もわかりにくく、初診の人や一般の人にはホント不親切(苦笑)

 

IMG_0048

 

でも、この「是が非でも」望んでいる方以外は意に介さず、あくまで自分のポリシー(好み)を徹底して貫いているスタイルには感動を覚えます。

 

そして、素晴らしいことに来院者の数も多い。

 

口コミかネットでしか知り得ないし、予約制だから通りすがりでは入れない。

看板らしい看板もなければ、入り口もわかりづらい・・・

 

でも、繁盛してる。

 

う~ん、カッコいい。

これは技術レベルが高く、実績が数多いこと、そして確固とした共感できるブランディングとマーケティングがしっかりできてなきゃ無理ですからね。

 

別業種であってもこういうのはすごく共感するし、気になるんです。  職業病だね(笑)

 

肝心の施術してくれる担当の先生もよく話を聞いてくれるいい人だし、説明もわかりやすい。

そして、まだ3回しか通院してないけど、症状もこれまでにないいい感じの変化が見れて結果は良好。

 

というわけで、「これは面白いところを見つけた!」と毎回通院する前からワクワクしている私です(笑)

 

今後の経過もまた別の機会に書いてみたいと思います。

 

興味のある方はこちらをクリック → 一鍼堂ホームページ 

 

FullSizeRender (643)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
腹八分目とはよくいったものだ

  物事に全力で取り組む・・・ 世間ではこれはとてもいい

日常に隠れた世界を探しに行こう

  何でも人間は五感を使って1秒間に20億個の情報を仕入れ

向かい合っている場所で緊張しない人はいない

  販売でも来店者と向かいあう時には緊張感がある。 面接

真似るより借りる方がいい

  ほとんどの人は教育の過程で、「他人のいいところは真似す

【店頭販売セミナー】ヤクルト東海支部 実践「伝わる」販売研修

  株式会社ヤクルト本社中日本支店の2017年度第一次研修