【アイデア発想法】できないじゃなくてやるんです

 

以前このブログでも書きましたが、ありがたいことに新規の依頼が止まらない。

自作ホームページの効果アリアリです(笑)

いい感じ。

 

でも、その反面こうなると働けるスタッフが不足してくる;

毎度のことだけど、これでウチは泣かされる。

 

社員さんは急に依頼が増えるとシフトを組むのが大変。

せっかくきた依頼も、スタッフの都合がつかず派遣できる人がいなけりゃ断らなければいけない。

だから、状況によってはギスギスしたり、後ろ向きな発想になりかかる。

 

そういう時は、できない理由に頭が支配されるから、思考に柔軟性もなく「できません」の一点張りになる。

 

まあ、ないものはないし・・・

しょうがないんだけどね。

 

ただ、「できない」という思考の延長線上は、どこまで行っても何もない。

 

だから、そんな時は少々乱暴だけど「どんな手を使ってでもやる」っていうくらいの発想(気構え)に切り替えるようにするといい。

実際、一旦そういう風に考え出すと、違法なことも含めて一気に思考が広がるんだな(笑)

 

もちろん、人の道を外れたり、違法なことはダメですよ(苦笑)

 

だけど、一旦頭を緩めて思考の幅を広げれば、それまで無理だと思っていたことが「ひょっとしたらできるんじゃ?」「いや、これはできるぞ」っていう具合に変わってくるから不思議です。

 

何事も最初から「できない」「無理」っていうのをゴールにしての発想じゃ、何も浮かばないし可能性も発展性もない。

 

そんな時はまずゴールを変えてみるっていうのも一つの打開策だったりする。

 

思考は現実化するからね。

僕も気を付けたいと思います。

 

 

FullSizeRender

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket