サインの要求に応える【脱力のススメ】

 

ここんとこ、ターンテーブルに乗る回数が多いアルバムがこれ。

JAZZギタリスト パット・メセニーの「Rejoicing」。

 

IMG_9254

 

 

もうね、すごく癒される(笑)

 

特に1曲目の「Lonely Woman」は名演。

疲れてる時なんかはこのアコースティックギターの音色がたまらない。

沁み方がハンパないもんね。

 

アルバム全体的にパットのギターとチャーリー・ヘイデンのウッド・ベースが最高です。

 

でも、このアルバムが聴きたくなってる時って自分が疲れてるってサインだったりもするんだよね。

余計なことを抱え過ぎてたり、急ぎ過ぎてたり・・・

 

だから、そういう時は無理しない。

以前はそういうサインも気付かずにいたけど、昨年一度大病を患ってからはようやく止まることも覚えたって感じです(苦笑)

 

だから、このアルバムは僕にとってちょっと違った意味で大切なものだったりするんですよね。

 

『煩悩に流されず、自分の調子を整える』

幸せに生きるためには、これも大切な要素だと思います。

 

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
有限会社リボン代表。販売員を派遣するセールスプロモーション会社の経営と販売研修講師や接客実践指導、売場コンサルティングを全国で展開中。
無類の音楽好き。趣味は楽器を弾くこととバス釣り、読書、映画鑑賞。このブログでは、仕事や趣味などから日々気付かされることを書いていきたいと思います。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket