*

誰もやらないことこそ自分の定め【仕事を楽しむ方法】

 

唐突ですが・・・僕は元来個性的なものが大好きです。

だから、誰もがやってるなんてものにはあまり興味がない。

そして、どちらかというとメジャーなものよりちょっとマニアックなものが好きです。

 

ずっと音楽をやっていたことも影響しているのかもしれないんだけど・・・

 

だからか、ウチの事業も、

最初は単なる「店頭販売員の派遣事業」だったのが、

「食品専門の店頭プロモーション会社」になって、

そこから更に「こだわりのある良質な食品専門の店頭プロモーション会社」という店頭販売派遣業ではおそらく日本で唯一の形態をとるようになってきたんだと思うんですね。

 

もうね、自分の性格がモロに会社に影響しているわけです(苦笑)

 

で、実は今、今秋の派遣法の改正にあたって、またさらに専門的に絞っていくことを考えていて、

 

それが、「厳選されたプロの販売員のみによるこだわりのある良質な食品専門の店頭プロモーション会社」を創りたいなと(笑)

 

 

これ、一見カッコいいんですが、同業は誰もやらない。やろうとしない。

 

なぜか?

だって、答えは簡単。

難しいし、一般的な派遣会社の成功像と考えが逆行してるから(笑)

 

通常、派遣会社はどれだけ多くの人を派遣するかが売上げを上げるポイント。

そのためにたくさんの人を集める努力をするし、市場を開拓する。

だから、少人数でしかも限られた市場でやるなんていうのは、余程の勝算がない限り誰も考えない。

ある意味自殺行為だからね。

 

でも、僕は同業の社長さんたちが目指そうとする

会社を大きくするとか、

全国各地に営業所を出すとか、

どんな人でもいいから、とにかく多くの人を登録させるとか、

そういったことには興味が持てない。

 

そして、上記のようにするには膨大な資金がいる。

そんなもの当然持っていないし、それをどこかから借りる気もない。

 

だから、そういう自分にしかできないものがあるんじゃないかって思うんだよね。

 

まあ、普通の人と快感を覚えるツボも違ってたりするし、(笑)

少数でも僕が考えるようなサービスを待ってるって人が必ずいるだろうからね。

 

誰もやらぬなら、それは自分がやるべき役割かなと。

 

 

もちろん、やりたい形態は違っても儲けたくないわけじゃないから、当然その方法で目いっぱい儲ける方法を考えますけど。

変わり者には変わり者らしい生き方があるだろうし(笑)

 

経営って言っても、所詮は生き方だと思うからね。

 

まあ、カッコいいこと言ってるだけじゃダメだし、

せいぜい後悔のないよう、自分の心がワクワクする方向に進んで、いい結果を出せるようにしたいなと思います。

 

FullSizeRender (4999)

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
元ミュージシャン。2004年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしてもバンドにしても、面白カッコいいスタイルで、根強いファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業や商工会議所で販売に関するセミナー講演も展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
地域活性化プロジェクト販売強化研修 鳥取県湯梨浜町商工会主催 販路拡大セミナー

  先月の1/11は鳥取県の湯梨浜町商工会へ。

恒例の社内研修で得た宝物

  販売スタッフの技術向上は永遠のテーマ。 とい

あなたの素顔が見たい【選ばれる企業、選ばれる人の条件】

  先日、Facebookであるニュース記事をシェアし

お金に”いい念”を乗せる

  「一体、何なん?」っていうくらい出費がかさむ時って

SNS難民の彼方

  SNSが普及したことでいろいろな弊害が出たという人