*

【仕事が取れるホームページ】ようやくスタートラインです

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 売れる販促プロモーション, 未分類

 

ありがたいことに以前リニューアルしたウチのホームページ(有限会社リボン 店頭プロモーション派遣)を見た企業様からの問い合わせが、昨年の暮れを境に急激に増えてきた。

いや~、素直に嬉しいです。

 

一体どれくらい問い合わせがあったのか?

昨日ちょっと思い立って改めて数えてみたんです(苦笑)

 

で、どれくらいあったのかというと・・・

2014.12月~2015.6月現在まで(6カ月間)で新規のお問い合わせ件数は全合計で47社。

 

ナント、半年で約50社の新規企業様から問い合わせがあったんですね。

 

このまま行けば1年100社ペース・・・これは昨年までのウチでは考えられない倍以上の伸び率。

素人の僕が作ったにしては上々です(笑)

 

で、問題はそのうちどれだけの会社が実際取引に至ったのかということですが・・・

全問い合わせ47社中15社が契約成立。

2社が只今検討中。

料金や日程等の条件が合わずに契約が成立しなかったのが30社という内容でした。

 

う~ん、こう見ると2/3は逃してるから、「もったいない」「ダメじゃ~ん」って見えますよね。

 

でも、ウチは基本方針として

①こだわりのある良質な

食品

③扱っているメーカー

直接取引することを対象にしている会社なんで、

 

話がまとまらなかった問い合わせのほとんどが、

広告代理店やイベント会社を通しての問い合わせだったり、

商品に対する情熱もなく、単に料金の安いマネキン会社を探している会社だったり、

その他の問い合わせも急遽な依頼で日程的に無理があったり・・・、

 

どのみちウチでは対応できない(対応していない)企画のものなので、まあこんなもんかなと。

 

何にしろ、ようやくウチのホームページも単なる飾りでなく、ネット上でも戦えるというか、スタートラインに立てるようになってきたかな~とひそかに思っています(笑)

 

あとはこれをどんどん突き詰めてどれだけバージョンアップしていけるか。

ようやくスタートラインに立ったところだからね。

 

ちょっと興味を持ってもらえるようになったなら、あとは

 

「どう表現すれば、より良く伝えられるか?」

「これを伝えるのにわかりやすい言葉って?」

「どうすればお問い合わせ(購入)しやすいか?」・・・

 

これを極めていかないとね。

売場と一緒。

 

ふぅ~、まだまだやることはいっぱい。

でも、これからも個性的な面白い形で抜け出せるように楽しみながら作っていきたいと思います!

 

IMG_9205

The following two tabs change content below.
久野 和人

久野 和人

代表取締役有限会社リボン
2005年10月に『店頭プロモーションに特化した広告代理店』有限会社リボンを設立。
事業にしても趣味のバンドにしても、個性あるカッコいいスタイルで、ファンに熱く支持されるものを作りたいと日夜爆進中(笑)
現在、全国の企業やイベント、商工会議所で販売に関するセミナー研修を展開中。
このブログでは、そんな日々の中で気付いたことや取組み、あと趣味の度を越えた音楽のことなどを綴っています。
時には役立つことや元気を与えることもあるかも(笑)
興味のある人は気楽に見ていってくださいね。
久野 和人

最新記事 by 久野 和人 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
【雑学】顔は脳が作る

  生まれてこの方50数年・・・ 自分で言うのも

無駄という大事な行為

  何かをやろうとしたり、 何かを買おうとしたり

雨の日は晴れの日を楽しむためのもの

  季節の変わり目になると自然と雨の日も多くなる。

もっと大きな「好き」が待っている

  仕事柄、よく「好きなことを仕事にしなさい」とか「好

メガネの掛け替え時

  年を取ってきたからか、はたまた経験値が増したからか